万葉集 第9巻 1714番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第9巻1714番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第9巻 1714番歌

第9巻
歌番号 1714番歌
作者 作者不詳
題詞 (幸芳野離宮時歌二首)
原文 落多藝知 流水之 磐觸 与杼賣類与杼尓 月影所見
訓読 落ちたぎち流るる水の岩に触れ淀める淀に月の影見ゆ
かな おちたぎち ながるるみづの いはにふれ よどめるよどに つきのかげみゆ
英語(ローマ字) OCHITAGICHI NAGARURUMIDUNO IHANIFURE YODOMERUYODONI TSUKINOKAGEMIYU
山上から激しく落ちたぎってくる滝水が岩に遮られ淀んでいるが、その淀みに月影が見える。
左注 右<二>首作者未詳
校異 三 二 [藍][矢] (楓) 三
用語 雑歌、吉野、離宮、行幸、叙景
タイトルとURLをコピーしました