万葉集 第9巻 1714番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第9巻1714番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第9巻 1714番歌

第9巻
歌番号1714番歌
作者作者不詳
題詞(幸芳野離宮時歌二首)
原文落多藝知 流水之 磐觸 与杼賣類与杼尓 月影所見
訓読落ちたぎち流るる水の岩に触れ淀める淀に月の影見ゆ
かなおちたぎち ながるるみづの いはにふれ よどめるよどに つきのかげみゆ
英語(ローマ字)OCHITAGICHI NAGARURUMIDUNO IHANIFURE YODOMERUYODONI TSUKINOKAGEMIYU
山上から激しく落ちたぎってくる滝水が岩に遮られ淀んでいるが、その淀みに月影が見える。
左注右<二>首作者未詳
校異三 二 [藍][矢] (楓) 三
用語雑歌、吉野、離宮、行幸、叙景
タイトルとURLをコピーしました