万葉集 第9巻 1793番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第9巻1793番歌はこちらにまとめました。

第9巻 1793番歌

第9巻
歌番号 1793番歌
作者 田辺福麻呂
題詞 (思娘子作歌一首[并短歌])反歌
原文 垣保成 人之横辞 繁香裳 不遭日數多 月乃經良武
訓読 垣ほなす人の横言繁みかも逢はぬ日数多く月の経ぬらむ
かな かきほなす ひとのよここと しげみかも あはぬひまねく つきのへぬらむ
英語(ローマ字) KAKIHONASU HITONOYOKOKOTO SHIGEMIKAMO AHANUHIMANEKU TSUKINOHENURAMU
垣根のように私を取り巻く世間の口がうるさく激しくて、逢おうにも逢えない日が続き、とうとう月替わりとなってしまった。
左注 (右三首田邊福麻呂之歌集出)
校異 歌 [西] 謌 [西(訂正)] 歌
用語 相聞、作者:田辺福麻呂歌集、恋情、うわさ
タイトルとURLをコピーしました