万葉集 第9巻 1712番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第9巻1712番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第9巻 1712番歌

第9巻
歌番号 1712番歌
作者 作者不詳
題詞 登筑波山詠月一首
原文 天原 雲無夕尓 烏玉乃 宵度月乃 入巻ね毛
訓読 天の原雲なき宵にぬばたまの夜渡る月の入らまく惜しも
かな あまのはら くもなきよひに ぬばたまの よわたるつきの いらまくをしも
英語(ローマ字) AMANOHARA KUMONAKIYOHINI NUBATAMANO YOWATARUTSUKINO IRAMAKUWOSHIMO
宵の天上に雲もなく、月も皓々と輝いているのにその月がやがて没するのは惜しい。
左注
校異
用語 雑歌、茨城、羈旅、地名
タイトルとURLをコピーしました