万葉集 第9巻 1713番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第9巻1713番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第9巻 1713番歌

第9巻
歌番号1713番歌
作者作者不詳
題詞幸芳野離宮時歌二首
原文瀧上乃 三船山従 秋津邊 来鳴度者 誰喚兒鳥
訓読滝の上の三船の山ゆ秋津辺に来鳴き渡るは誰れ呼子鳥
かなたきのうへの みふねのやまゆ あきづへに きなきわたるは たれよぶこどり
英語(ローマ字)TAKINOUHENO MIFUNENOYAMAYU AKIDUHENI KINAKIWATARUHA TAREYOBUKODORI
滝の上の、あの三船の山からここ秋津辺に飛んできて呼子鳥が鳴いているが、誰を呼んでいるのだろう。
左注(右<二>首作者未詳)
校異歌 [西] 謌 [西(訂正)] 歌
用語雑歌、吉野、離宮、行幸、地名、動物
タイトルとURLをコピーしました