万葉集 第9巻 1678番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第9巻1678番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第9巻 1678番歌

第9巻
歌番号1678番歌
作者作者不詳
題詞(大寳元年辛丑冬十月太上天皇大行天皇幸紀伊國時歌十三首)
原文木國之 昔弓雄之 響矢用 鹿取靡 坂上尓曽安留
訓読紀の国の昔弓雄の鳴り矢もち鹿取り靡けし坂の上にぞある
かなきのくにの むかしさつをの なりやもち かとりなびけし さかのうへにぞある
英語(ローマ字)KINOKUNINO MUKASHISATSUWONO NARIYAMOCHI KATORINABIKESHI SAKANOUHENIZOARU
紀の国に昔武勇の者がいて、カブラ矢を用い鹿を取り押さえ、平定したという話が伝わっているが、ここがその坂、今その坂にさしかかった所ぞ。
左注
校異
用語雑歌、持統天皇、文武天皇、行幸、羈旅、紀州、和歌山、地名、大宝1年10月、年紀
タイトルとURLをコピーしました