万葉集 第9巻 1679番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第9巻1679番歌はこちらにまとめました。

第9巻 1679番歌

第9巻
歌番号 1679番歌
作者 作者不詳
題詞 (大寳元年辛丑冬十月太上天皇大行天皇幸紀伊國時歌十三首)
原文 城國尓 不止将徃来 妻社 妻依来西尼 妻常言長柄 [一云 嬬賜尓毛 嬬云長<良>]
訓読 紀の国にやまず通はむ妻の杜妻寄しこせに妻といひながら [一云 妻賜はにも妻といひながら]
かな きのくにに やまずかよはむ つまのもり つまよしこせに つまといひながら [つまたまはにも つまといひながら]
英語(ローマ字) KINOKUNINI YAMAZUKAYOHAMU TSUMANOMORI TSUMAYOSHIKOSENI TSUMATOIHINAGARA [TSUMATAMAHANIMO TSUMATOIHINAGARA]
紀の国の妻の杜に通い続けよう。妻という名の神社なのですから妻を寄せて下さるでしょう。
左注 右一首或云坂上忌寸人長作
校異 良 柄 [藍][壬][類][紀]
用語 雑歌、持統天皇、文武天皇、行幸、羈旅、紀州、和歌山、地名、大宝1年10月、年紀
タイトルとURLをコピーしました