万葉集 第9巻 1666番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第9巻1666番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第9巻 1666番歌

第9巻
歌番号1666番歌
作者斉明天皇
題詞(崗本宮御宇天皇幸紀伊國時歌二首)
原文朝霧尓 沾尓之衣 不干而 一哉君之 山道将越
訓読朝霧に濡れにし衣干さずしてひとりか君が山道越ゆらむ
かなあさぎりに ぬれにしころも ほさずして ひとりかきみが やまぢこゆらむ
英語(ローマ字)ASAGIRINI NURENISHIKOROMO HOSAZUSHITE HITORIKAKIMIGA YAMADIKOYURAMU
朝霧に濡れた着物を乾かしもしないで、あなたはひとり山道を越えておいででしょうか。
左注右二首作者未詳
校異
用語雑歌、作者:斉明天皇、行幸、羈旅、紀州、和歌山、地名、留守
タイトルとURLをコピーしました