万葉集 第9巻 1772番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第9巻1772番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第9巻 1772番歌

第9巻
歌番号1772番歌
作者阿倍大夫
題詞大神大夫任筑紫國時阿倍大夫作歌一首
原文於久礼居而 吾者哉将戀 稲見野乃 秋芽子見都津 去奈武子故尓
訓読後れ居て我れはや恋ひむ印南野の秋萩見つつ去なむ子故に
かなおくれゐて あれはやこひむ いなみのの あきはぎみつつ いなむこゆゑに
英語(ローマ字)OKUREゐTE AREHAYAKOHIMU INAMINONO AKIHAGIMITSUTSU INAMUKOYUゑNI
後に残された私は恋しくてたまらない。印南野に咲く秋の萩を見ながら去っていった子のことを思うと。
左注
校異歌 [西] 謌 [西(訂正)] 歌
用語相聞、三輪高市麻呂、作者:阿倍大夫、阿倍広庭、餞別、宴席、地名、植物
タイトルとURLをコピーしました