万葉集 第9巻 1741番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第9巻1741番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第9巻 1741番歌

第9巻
歌番号1741番歌
作者高橋虫麻呂
題詞(詠水江浦嶋子一首[并短歌])反歌
原文常世邊 可住物乎 劔刀 己之<行>柄 於曽也是君
訓読常世辺に住むべきものを剣大刀汝が心からおそやこの君
かなとこよへに すむべきものを つるぎたち ながこころから おそやこのきみ
英語(ローマ字)TOKOYOHENI SUMUBEKIMONOWO TSURUGITACHI NAGAKOKOROKARA OSOYAKONOKIMI
不老不死の国に住み続けることができたのに・・・。自らの意志だったにせよ死ぬことになるとは何と愚かなこのお人は。
左注(右件歌者高橋連蟲麻呂歌集中出)
校異歌 [西] 謌 [西(訂正)] 歌 / 心 行 [藍][壬][類][紀]
用語雑歌、作者:高橋虫麻呂歌集、浦島伝説、若狭、地名
タイトルとURLをコピーしました