万葉集 第9巻 1733番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第9巻1733番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第9巻 1733番歌

第9巻
歌番号1733番歌
作者作者不詳(碁師)
題詞(碁師歌二首)
原文思乍 雖来々不勝而 水尾埼 真長乃浦乎 又顧津
訓読思ひつつ来れど来かねて三尾の崎真長の浦をまたかへり見つ
かなおもひつつ くれどきかねて みをのさき まながのうらを またかへりみつ
英語(ローマ字)OMOHITSUTSU KUREDOKIKANETE MIWONOSAKI MANAGANOURAWO MATAKAHERIMITSU
後ろ髪を引かれる思いで後にしてきたが、三尾が崎の真長の浦を立ち去りがたく、幾度も振り返った。
左注
校異
用語雑歌、作者:碁師、滋賀県、琵琶湖、羈旅、地名
タイトルとURLをコピーしました