万葉集 第9巻 1715番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第9巻1715番歌はこちらにまとめました。

第9巻 1715番歌

第9巻
歌番号 1715番歌
作者 柿本人麻呂(柿本人麻呂歌集)
題詞 槐本歌一首
原文 樂<浪>之 平山風之 海吹者 釣為海人之 袂變所見
訓読 楽浪の比良山風の海吹けば釣りする海人の袖返る見ゆ
かな ささなみの ひらやまかぜの うみふけば つりするあまの そでかへるみゆ
英語(ローマ字) SASANAMINO HIRAYAMAKAZENO UMIFUKEBA TSURISURUAMANO SODEKAHERUMIYU
比良山から海に吹き下ろす風に釣り人の着物の袖が翻っている。
左注
校異 歌 [西] 謌 [西(訂正)] 歌 / 波 浪 [藍][壬][類][紀]
用語 雑歌、作者:柿本人麻呂、滋賀県、琵琶湖、羈旅、地名、叙景
タイトルとURLをコピーしました