万葉集 第9巻 1770番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第9巻1770番歌はこちらにまとめました。

第9巻 1770番歌

第9巻
歌番号 1770番歌
作者 作者不詳
題詞 大神大夫任長門守時集三輪河邊宴歌二首
原文 三諸乃 <神>能於婆勢流 泊瀬河 水尾之不断者 吾忘礼米也
訓読 みもろの神の帯ばせる泊瀬川水脈し絶えずは我れ忘れめや
かな みもろの かみのおばせる はつせがは みをしたえずは われわすれめや
英語(ローマ字) MIMORONO KAMINOOBASERU HATSUSEGAHA MIWOSHITAEZUHA WAREWASUREMEYA
みもろの神が帯となさっている泊瀬川の流れが絶えない限り、ここ三輪を忘れることがありましょうか。
左注 (右二首古集中出)
校異 歌 [西] 謌 [西(訂正)] 歌 / <> 神 [西(右書)][元][類][古][紀]
用語 相聞、三輪高市麻呂、古集、餞別、宴席、地名
タイトルとURLをコピーしました