万葉集 第9巻 1771番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第9巻1771番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第9巻 1771番歌

第9巻
歌番号 1771番歌
作者 作者不詳
題詞 (大神大夫任長門守時集三輪河邊宴歌二首)
原文 於久礼居而 吾波也将戀 春霞 多奈妣久山乎 君之越去者
訓読 後れ居て我れはや恋ひむ春霞たなびく山を君が越え去なば
かな おくれゐて あれはやこひむ はるかすみ たなびくやまを きみがこえいなば
英語(ローマ字) OKUREゐTE AREHAYAKOHIMU HARUKASUMI TANABIKUYAMAWO KIMIGAKOEINABA
後に残された私は恋しくてたまらないでしょうね。春霞がたなびく山をあなた様が越えて行ってしまわれたなら。
左注 右二首古集中出
校異 集 [西(右書)] 謌集
用語 相聞、三輪高市麻呂、古集、餞別、宴席、地名
タイトルとURLをコピーしました