万葉集 第9巻 1790番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第9巻1790番歌はこちらにまとめました。

第9巻 1790番歌

第9巻
歌番号 1790番歌
作者 遣唐使母
題詞 天平五年癸酉遣唐使舶發難波入海之時親母贈子歌一首[并短歌]
原文 秋芽子乎 妻問鹿許曽 一子二 子持有跡五十戸 鹿兒自物 吾獨子之 草枕 客二師徃者 竹珠乎 密貫垂 齊戸尓 木綿取四手而 忌日管 吾思吾子 真好去有欲得
訓読 秋萩を 妻どふ鹿こそ 独り子に 子持てりといへ 鹿子じもの 我が独り子の 草枕 旅にし行けば 竹玉を 繁に貫き垂れ 斎瓮に 木綿取り垂でて 斎ひつつ 我が思ふ我子 ま幸くありこそ
かな あきはぎを つまどふかこそ ひとりこに こもてりといへ かこじもの あがひとりこの くさまくら たびにしゆけば たかたまを しじにぬきたれ いはひへに ゆふとりしでて いはひつつ あがおもふあこ まさきくありこそ
英語(ローマ字) AKIHAGIWO TSUMADOFUKAKOSO HITORIKONI KOMOTERITOIHE KAKOJIMONO AGAHITORIKONO KUSAMAKURA TABINISHIYUKEBA TAKATAMAWO SHIJININUKITARE IHAHIHENI YUFUTORISHIDETE IHAHITSUTSU AGAOMOFUAKO MASAKIKUARIKOSO
秋萩を妻と見立てて妻どう鹿、子を一匹しか持たないというが、その鹿のように私の一人子は旅に出立する。竹にいっぱい玉を通して垂らし、斎瓮(いわいべ)には木綿(ゆふ)を垂らし、お祈りをする。「どうか我が子が無事でありますように」と。
左注
校異 歌 [西] 謌 [西(訂正)] 歌 / 短歌 [西] 短謌 [西(訂正)] 短歌
用語 相聞、作者:遣唐使母、母親、愛情、送別、羈旅、餞別、安全、天平5年、年紀、植物、動物、枕詞
タイトルとURLをコピーしました