万葉集 第9巻 1789番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第9巻1789番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第9巻 1789番歌

第9巻
歌番号1789番歌
作者笠金村
題詞((天平元年己巳冬十二月歌一首[并短歌])反歌)
原文吾妹兒之 結手師紐乎 将解八方 絶者絶十方 直二相左右二
訓読我妹子が結ひてし紐を解かめやも絶えば絶ゆとも直に逢ふまでに
かなわぎもこが ゆひてしひもを とかめやも たえばたゆとも ただにあふまでに
英語(ローマ字)WAGIMOKOGA YUHITESHIHIMOWO TOKAMEYAMO TAEBATAYUTOMO TADANIAFUMADENI
妻が結んでくれた着物の紐をどうして解くものか。たとえ切れることがあろうとも、直接妻に逢うまでは。
左注右件五首笠朝臣金村之歌中出
校異歌 [西] 謌 [西(訂正)] 歌
用語相聞、作者:笠金村歌集、天平1年12月、年紀、天理、奈良、羈旅、恋情
タイトルとURLをコピーしました