万葉集 第9巻 1686番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第9巻1686番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第9巻 1686番歌

第9巻
歌番号1686番歌
作者間人宿祢
題詞(泉河邊間人宿祢作歌二首)
原文孫星 頭刺玉之 嬬戀 乱祁良志 此川瀬尓
訓読彦星のかざしの玉は妻恋ひに乱れにけらしこの川の瀬に
かなひこほしの かざしのたまは つまごひに みだれにけらし このかはのせに
英語(ローマ字)HIKOHOSHINO KAZASHINOTAMAHA TSUMAGOHINI MIDARENIKERASHI KONOKAHANOSENI
彦星の髪飾りの玉は妻恋しさにこの川の瀬のように乱れているようだ。
左注(右柿本朝臣人麻呂之歌集所出)
校異
用語雑歌、柿本人麻呂歌集、七夕、作者:間人宿祢、木津川、京都、羈旅、非略体
タイトルとURLをコピーしました