万葉集 第9巻 1685番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第9巻1685番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第9巻 1685番歌

第9巻
歌番号1685番歌
作者間人宿祢
題詞泉河邊間人宿祢作歌二首
原文河瀬 激乎見者 玉藻鴨 散乱而在 川常鴨
訓読川の瀬のたぎつを見れば玉藻かも散り乱れたる川の常かも
かなかはのせの たぎつをみれば たまもかも ちりみだれたる かはのつねかも
英語(ローマ字)KAHANOSENO TAGITSUWOMIREBA TAMAMOKAMO CHIRIMIDARETARU KAHANOTSUNEKAMO
川の瀬がほとばしっているのをみると水が白玉をなしている。こういう光景は激流には普通の光景なのだろうな。
左注(右柿本朝臣人麻呂之歌集所出)
校異歌 [西] 謌 [西(訂正)] 歌 / 玉藻 [類][古](塙) 玉
用語雑歌、柿本人麻呂歌集、作者:間人宿祢、木津川、京都、羈旅、非略体、地名
タイトルとURLをコピーしました