万葉集 第9巻 1791番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第9巻1791番歌はこちらにまとめました。

第9巻 1791番歌

第9巻
歌番号 1791番歌
作者 遣唐使母
題詞 (天平五年癸酉遣唐使舶發難波入海之時親母贈子歌一首[并短歌])反歌
原文 客人之 宿将為野尓 霜降者 吾子羽L 天乃鶴群
訓読 旅人の宿りせむ野に霜降らば我が子羽ぐくめ天の鶴群
かな たびひとの やどりせむのに しもふらば あがこはぐくめ あめのたづむら
英語(ローマ字) TABIHITONO YADORISEMUNONI SHIMOFURABA AGAKOHAGUKUME AMENOTADUMURA
旅人たる我が子が陸に上がって仮寝せんとする、その野に霜が降りたら我が子を羽で覆ってね、空翔る鶴たちよ。
左注
校異 歌 [西] 謌 [西(訂正)] 歌
用語 相聞、作者:遣唐使母、母親、愛情、送別、羈旅、餞別、安全、天平5年、年紀、動物
タイトルとURLをコピーしました