万葉集 第9巻 1669番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第9巻1669番歌はこちらにまとめました。

第9巻 1669番歌

第9巻
歌番号 1669番歌
作者 作者不詳
題詞 (大寳元年辛丑冬十月太上天皇大行天皇幸紀伊國時歌十三首)
原文 三名部乃浦 塩莫満 鹿嶋在 釣為海人乎 見變来六
訓読 南部の浦潮な満ちそね鹿島なる釣りする海人を見て帰り来む
かな みなべのうら しほなみちそね かしまなる つりするあまを みてかへりこむ
英語(ローマ字) MINABENOURA SHIHONAMICHISONE KASHIMANARU TSURISURUAMAWO MITEKAHERIKOMU
ここ南部浦に潮は満ちて来るなよ。鹿島で釣りをしている漁師を見て帰って来たいから。
左注
校異
用語 雑歌、持統天皇、文武天皇、行幸、羈旅、紀州、和歌山、土地讃美、地名、大宝1年10月、年紀
タイトルとURLをコピーしました