万葉集 第9巻 1670番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第9巻1670番歌はこちらにまとめました。

第9巻 1670番歌

第9巻
歌番号 1670番歌
作者 作者不詳
題詞 (大寳元年辛丑冬十月太上天皇大行天皇幸紀伊國時歌十三首)
原文 朝開 滂出而我者 湯羅前 釣為海人乎 見<反>将来
訓読 朝開き漕ぎ出て我れは由良の崎釣りする海人を見て帰り来む
かな あさびらき こぎでてわれは ゆらのさき つりするあまを みてかへりこむ
英語(ローマ字) ASABIRAKI KOGIDETEWAREHA YURANOSAKI TSURISURUAMAWO MITEKAHERIKOMU
朝一番漕ぎ出し、由良崎で釣りをしている漁師を見て帰って来よう。
左注
校異 變 反 [藍][壬][類]
用語 雑歌、持統天皇、文武天皇、行幸、羈旅、紀州、和歌山、土地讃美、地名、大宝1年10月、年紀
タイトルとURLをコピーしました