万葉集 第9巻 1671番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第9巻1671番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第9巻 1671番歌

第9巻
歌番号1671番歌
作者作者不詳
題詞(大寳元年辛丑冬十月太上天皇大行天皇幸紀伊國時歌十三首)
原文湯羅乃前 塩乾尓祁良志 白神之 礒浦箕乎 敢而滂動
訓読由良の崎潮干にけらし白神の礒の浦廻をあへて漕ぐなり
かなゆらのさき しほひにけらし しらかみの いそのうらみを あへてこぐなり
英語(ローマ字)YURANOSAKI SHIHOHINIKERASHI SHIRAKAMINO ISONOURAMIWO AHETEKOGUNARI
由良の崎は今潮が干いているようだ。なので、白神の磯のあたりを敢然と漕ぎまわってみた。
左注
校異
用語雑歌、持統天皇、文武天皇、行幸、羈旅、紀州、和歌山、地名、大宝1年10月、年紀
タイトルとURLをコピーしました