万葉集 第9巻 1720番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第9巻1720番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第9巻 1720番歌

第9巻
歌番号 1720番歌
作者 元仁
題詞 元仁歌三首
原文 馬屯而 打集越来 今日見鶴 芳野之川乎 何時将顧
訓読 馬並めてうち群れ越え来今日見つる吉野の川をいつかへり見む
かな うまなめて うちむれこえき けふみつる よしののかはを いつかへりみむ
英語(ローマ字) UMANAMETE UCHIMUREKOEKI KEFUMITSURU YOSHINONOKAHAWO ITSUKAHERIMIMU
馬を並べてみんなで山を越えてきて、今日やっと吉野川を見ることが出来た。この先、この吉野川をいつ見ることができるだろう。
左注 (右柿本朝臣人麻呂之歌集出)
校異 歌 [西] 謌 [西(訂正)] 歌 / 今日 [壬][類](塙) 今
用語 雑歌、柿本人麻呂歌集、作者:元仁、吉野、羈旅、非略体、地名
タイトルとURLをコピーしました