万葉集 第9巻 1719番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第9巻1719番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第9巻 1719番歌

第9巻
歌番号 1719番歌
作者 春日倉老(春日蔵首老)
題詞 春日蔵歌一首
原文 照月遠 雲莫隠 嶋陰尓 吾船将極 留不知毛
訓読 照る月を雲な隠しそ島蔭に我が舟泊てむ泊り知らずも
かな てるつきを くもなかくしそ しまかげに わがふねはてむ とまりしらずも
英語(ローマ字) TERUTSUKIWO KUMONAKAKUSHISO SHIMAKAGENI WAGAFUNEHATEMU TOMARISHIRAZUMO
明るく照らし出している月を雲よどうか隠さないでおくれ、私の舟をどこで停泊させてよいやら分からないから。
左注 右一首或本云 小辨作也 或記姓氏無記名字 或称名号不称姓氏 然依古記 便以次載 凡如此類下皆放焉
校異 歌 [西] 謌 [西(訂正)] 歌 / 辨 [藍][紀][温](塙) 弁 / 放 [文][細][温] 效
用語 雑歌、作者:春日蔵首老、小辨、異伝、羈旅
タイトルとURLをコピーしました