万葉集 第9巻 1760番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第9巻1760番歌はこちらにまとめました。

第9巻 1760番歌

第9巻
歌番号 1760番歌
作者 高橋虫麻呂
題詞 (登筑波嶺為の歌會日作歌一首[并短歌])反歌
原文 男神尓 雲立登 斯具礼零 沾通友 吾将反哉
訓読 男神に雲立ち上りしぐれ降り濡れ通るとも我れ帰らめや
かな をかみに くもたちのぼり しぐれふり ぬれとほるとも われかへらめや
英語(ローマ字) WOKAMINI KUMOTACHINOBORI SHIGUREFURI NURETOHORUTOMO WAREKAHERAMEYA
男神筑波の西嶺に、雲が立ち昇り雨が降る。ずぶ濡れになっても、わたしが帰ることなどあろうか。
左注 右件歌者高橋連蟲麻呂歌集中出
校異 歌 [西] 謌 [西(訂正)] 歌 / 歌 [西] 謌 [西(訂正)] 歌 / 歌集 [西] 謌集 [西(訂正)] 歌集
用語 雑歌、作者:高橋虫麻呂歌集、茨城、歌垣、東国、関東
タイトルとURLをコピーしました