万葉集 第9巻 1695番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第9巻1695番歌はこちらにまとめました。

第9巻 1695番歌

第9巻
歌番号 1695番歌
作者 柿本人麻呂(柿本人麻呂歌集)
題詞 泉河作歌一首
原文 妹門 入出見川乃 床奈馬尓 三雪遣 未冬鴨
訓読 妹が門入り泉川の常滑にみ雪残れりいまだ冬かも
かな いもがかど いりいづみがはの とこなめに みゆきのこれり いまだふゆかも
英語(ローマ字) IMOGAKADO IRIIDUMIGAHANO TOKONAMENI MIYUKINOKORERI IMADAFUYUKAMO
彼女の邸宅に流れ込んでいる泉川の常滑にはまだ雪が残っている。まだ冬なのだろうな。
左注 (右柿本朝臣人麻呂之歌集所出)
校異 歌 [西] 謌 [西(訂正)] 歌
用語 雑歌、作者:柿本人麻呂歌集、木津川、京都、羈旅、非略体、地名
タイトルとURLをコピーしました