万葉集 第9巻 1673番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第9巻1673番歌はこちらにまとめました。

第9巻 1673番歌

第9巻
歌番号 1673番歌
作者 作者不詳
題詞 (大寳元年辛丑冬十月太上天皇大行天皇幸紀伊國時歌十三首)
原文 風莫乃 濱之白浪 徒 於斯依久流 見人無 [一云 於斯依来藻]
訓読 風莫の浜の白波いたづらにここに寄せ来る見る人なしに [一云 ここに寄せ来も]
かな かざなしの はまのしらなみ いたづらに ここによせくる みるひとなしに [ここによせくも]
英語(ローマ字) KAZANASHINO HAMANOSHIRANAMI ITADURANI KOKONIYOSEKURU MIRUHITONASHINI [KOKONIYOSEKUMO]
波静かな浜に、白くて美しい細波(さざなみ)が見る人もないまま静かに打ち寄せている。
左注 右一首山上<臣>憶良類聚歌林曰 長忌寸意吉麻呂應詔作此歌
校異 莫 (塙) 草 / 臣 [西(上書訂正)][藍][壬][紀] / 歌林 [西] 謌林 [西(訂正)] 歌林 / 此歌 [西] 此謌 [西(訂正)] 此歌
用語 雑歌、長意吉麻呂、持統天皇、文武天皇、行幸、羈旅、紀州、和歌山、地名、大宝1年10月、年紀、異伝、推敲
タイトルとURLをコピーしました