万葉集 第9巻 1752番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第9巻1752番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第9巻 1752番歌

第9巻
歌番号1752番歌
作者高橋虫麻呂
題詞(難波經宿明日還来之時歌一首[并短歌])反歌
原文射行相乃 <坂>之踏本尓 開乎為流 櫻花乎 令見兒毛欲得
訓読い行き逢ひの坂のふもとに咲きををる桜の花を見せむ子もがも
かないゆきあひの さかのふもとに さきををる さくらのはなを みせむこもがも
英語(ローマ字)IYUKIAHINO SAKANOFUMOTONI SAKIWOWORU SAKURANOHANAWO MISEMUKOMOGAMO
坂のてっぺん近辺にしなるように咲く桜の花。この美しい光景を見せてやれる彼女がいたらなあ。
左注(右件歌者高橋連蟲麻呂歌集中出)
校異歌 [西] 謌 / 坂上 坂 [藍][類][紀]
用語雑歌、作者:高橋虫麻呂歌集、龍田、大阪、天平6年3月、年紀、鎮花、地名、植物
タイトルとURLをコピーしました