万葉集 第9巻 1787番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第9巻1787番歌はこちらにまとめました。

第9巻 1787番歌

第9巻
歌番号 1787番歌
作者 笠金村
題詞 天平元年己巳冬十二月歌一首[并短歌]
原文 虚蝉乃 世人有者 大王之 御命恐弥 礒城嶋能 日本國乃 石上 振里尓 紐不解 丸寐乎為者 吾衣有 服者奈礼奴 毎見 戀者雖益 色二山上復有山者 一可知美 冬夜之 明毛不得呼 五十母不宿二 吾歯曽戀流 妹之直香仁
訓読 うつせみの 世の人なれば 大君の 命畏み 敷島の 大和の国の 石上 布留の里に 紐解かず 丸寝をすれば 我が着たる 衣はなれぬ 見るごとに 恋はまされど 色に出でば 人知りぬべみ 冬の夜の 明かしもえぬを 寐も寝ずに 我れはぞ恋ふる 妹が直香に
かな うつせみの よのひとなれば おほきみの みことかしこみ しきしまの やまとのくにの いそのかみ ふるのさとに ひもとかず まろねをすれば あがきたる ころもはなれぬ みるごとに こひはまされど いろにいでば ひとしりぬべみ ふゆのよの あかしもえぬを いもねずに あれはぞこふる いもがただかに
英語(ローマ字) UTSUSEMINO YONOHITONAREBA OHOKIMINO MIKOTOKASHIKOMI SHIKISHIMANO YAMATONOKUNINO ISONOKAMI FURUNOSATONI HIMOTOKAZU MARONEWOSUREBA AGAKITARU KOROMOHANARENU MIRUGOTONI KOHIHAMASAREDO IRONIIDEBA HITOSHIRINUBEMI FUYUNOYONO AKASHIMOENUWO IMONEZUNI AREHAZOKOFURU IMOGATADAKANI
私は現世の人間なので、大君の命を恐れ畏み、大和の国の石上神宮(いそのかみじんぐう)は石上町の北の山地の布留の里で紐を解かず、丸寝をしている。わが着ている着物はよれよれになってしまった。こんな自分の姿を見るたびに妻への思いは勝るばかり。が、その思いを少しでも面に出そうものなら、人が知ってしまうので、長く寒い冬の夜を明けるのを耐えようとするが、寝るに寝られず、妻の暖かい香りを思い出して。
左注 (右件五首笠朝臣金村之歌中出)
校異 歌 [西] 謌 [西(別筆訂正)] 歌 / 短歌 [西] 短謌 [西(別筆訂正)] 短歌 / 色[西(右書)] 色色
用語 相聞、作者:笠金村歌集、天平1年12月、年紀、天理、奈良、羈旅、恋情、地名、枕詞
タイトルとURLをコピーしました