万葉集 第9巻 1788番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第9巻1788番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第9巻 1788番歌

第9巻
歌番号 1788番歌
作者 笠金村
題詞 (天平元年己巳冬十二月歌一首[并短歌])反歌
原文 振山従 直見渡 京二曽 寐不宿戀流 遠不有尓
訓読 布留山ゆ直に見わたす都にぞ寐も寝ず恋ふる遠くあらなくに
かな ふるやまゆ ただにみわたす みやこにぞ いもねずこふる とほくあらなくに
英語(ローマ字) FURUYAMAYU TADANIMIWATASU MIYAKONIZO IMONEZUKOFURU TOHOKUARANAKUNI
布留山から直接見渡すことができる平城京、そこにいる妻が寝るに寝られないほど恋しい。さほど遠い地ではないけれど。
左注 (右件五首笠朝臣金村之歌中出)
校異 歌 [西] 謌 [西(訂正)] 歌
用語 相聞、作者:笠金村歌集、天平1年12月、年紀、天理、奈良、羈旅、恋情、地名
タイトルとURLをコピーしました