万葉集 第9巻 1676番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第9巻1676番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第9巻 1676番歌

第9巻
歌番号 1676番歌
作者 作者不詳
題詞 (大寳元年辛丑冬十月太上天皇大行天皇幸紀伊國時歌十三首)
原文 勢能山尓 黄葉常敷 神岳之 山黄葉者 今日散濫
訓読 背の山に黄葉常敷く神岳の山の黄葉は今日か散るらむ
かな せのやまに もみちつねしく かむをかの やまのもみちは けふかちるらむ
英語(ローマ字) SENOYAMANI MOMICHITSUNESHIKU KAMUWOKANO YAMANOMOMICHIHA KEFUKACHIRURAMU
背の山はいつも美しい黄葉が散り敷いている。あの神岳の黄葉もきょうあたり散っているだろうか。
左注
校異
用語 雑歌、持統天皇、文武天皇、行幸、羈旅、紀州、和歌山、望郷、地名、大宝1年10月、年紀
タイトルとURLをコピーしました