万葉集 第9巻 1692番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第9巻1692番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第9巻 1692番歌

第9巻
歌番号 1692番歌
作者 柿本人麻呂(柿本人麻呂歌集)
題詞 紀伊國作歌二首
原文 吾戀 妹相佐受 玉浦丹 衣片敷 一鴨将寐
訓読 我が恋ふる妹は逢はさず玉の浦に衣片敷き独りかも寝む
かな あがこふる いもはあはさず たまのうらに ころもかたしき ひとりかもねむ
英語(ローマ字) AGAKOFURU IMOHAAHASAZU TAMANOURANI KOROMOKATASHIKI HITORIKAMONEMU
私が思いを寄せるあの子は逢ってくれようとしない。やむなく、玉の浦で着物をふとんがわりにしてひとり寝するしかない。
左注 (右柿本朝臣人麻呂之歌集所出)
校異 歌 [西] 謌 [西(訂正)] 歌
用語 雑歌、作者:柿本人麻呂歌集、和歌山、羈旅、非略体、地名、望郷
タイトルとURLをコピーしました