万葉集 第9巻 1693番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第9巻1693番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第9巻 1693番歌

第9巻
歌番号 1693番歌
作者 柿本人麻呂(柿本人麻呂歌集)
題詞 (紀伊國作歌二首)
原文 玉匣 開巻惜 ね夜矣 袖可礼而 一鴨将寐
訓読 玉櫛笥明けまく惜しきあたら夜を衣手離れて独りかも寝む
かな たまくしげ あけまくをしき あたらよを ころもでかれて ひとりかもねむ
英語(ローマ字) TAMAKUSHIGE AKEMAKUWOSHIKI ATARAYOWO KOROMODEKARETE HITORIKAMONEMU
(相手がいたら)玉櫛笥の蓋を開けるように明けるのが惜しい夜。が、共寝する子もいない私にはそんな夜もひとり寝するしかない。
左注 (右柿本朝臣人麻呂之歌集所出)
校異 寐 [類] 宿
用語 雑歌、作者:柿本人麻呂歌集、和歌山、羈旅、非略体、望郷
タイトルとURLをコピーしました