万葉集 第9巻 1683番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第9巻1683番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第9巻 1683番歌

第9巻
歌番号1683番歌
作者柿本人麻呂(柿本人麻呂歌集)
題詞獻舎人皇子歌二首
原文妹手 取而引与治 に手折 吾刺可 花開鴨
訓読妹が手を取りて引き攀ぢふさ手折り我がかざすべく花咲けるかも
かないもがてを とりてひきよぢ ふさたをり わがかざすべく はなさけるかも
英語(ローマ字)IMOGATEWO TORITEHIKIYODI FUSATAWORI WAGAKAZASUBEKU HANASAKERUKAMO
彼女の手を取って引き寄せるように、手一杯引きちぎって頭にかざすほど花がいっぱい咲いているよ。
左注(右柿本朝臣人麻呂之歌集所出)
校異歌 [西] 謌 [西(訂正)] 歌
用語雑歌、作者:柿本人麻呂歌集、献呈歌、舎人皇子、非略体
タイトルとURLをコピーしました