万葉集 第9巻 1711番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第9巻1711番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第9巻 1711番歌

第9巻
歌番号 1711番歌
作者 柿本人麻呂(柿本人麻呂歌集)
題詞
原文 百<轉> 八十之嶋廻乎 榜雖来 粟小嶋者 雖見不足可聞
訓読 百伝ふ八十の島廻を漕ぎ来れど粟の小島は見れど飽かぬかも
かな ももづたふ やそのしまみを こぎくれど あはのこしまは みれどあかぬかも
英語(ローマ字) MOMODUTAFU YASONOSHIMAMIWO KOGIKUREDO AHANOKOSHIMAHA MIREDOAKANUKAMO
多くの島々の近くを漕ぎ進んできたけれど、粟の小島は見ても見飽きることがなかったなあ。
左注 右二首或云柿本朝臣人麻呂作
校異 轉之 轉 [藍][類][古][紀] / 者 [類][古][紀] 志
用語 雑歌、作者:柿本人麻呂、羈旅、淡路、粟島、土地讃美、地名
タイトルとURLをコピーしました