万葉集 第9巻 1805番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第9巻1805番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第9巻 1805番歌

第9巻
歌番号1805番歌
作者田辺福麻呂
題詞(哀弟死去作歌一首[并短歌])反歌
原文別而裳 復毛可遭 所念者 心乱 吾戀目八方 [一云 意盡而]
訓読別れてもまたも逢ふべく思ほえば心乱れて我れ恋ひめやも [一云 心尽して]
かなわかれても またもあふべく おもほえば こころみだれて あれこひめやも [こころつくして]
英語(ローマ字)WAKARETEMO MATAMOAFUBEKU OMOHOEBA KOKOROMIDARETE AREKOHIMEYAMO [KOKOROTSUKUSHITE]
別れても、いつか再会出来ると思えるのなら、こんなに心取り乱して忍ぶことはあるまいに。
左注(右七首田邊福麻呂之歌集出)
校異歌 [西] 謌 [西(訂正)] 歌
用語挽歌、作者:田辺福麻呂歌集、哀悼、悲嘆
タイトルとURLをコピーしました