万葉集 第9巻 1681番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第9巻1681番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第9巻 1681番歌

第9巻
歌番号1681番歌
作者作者不詳
題詞(後人歌二首)
原文後居而 吾戀居者 白雲 棚引山乎 今日香越濫
訓読後れ居て我が恋ひ居れば白雲のたなびく山を今日か越ゆらむ
かなおくれゐて あがこひをれば しらくもの たなびくやまを けふかこゆらむ
英語(ローマ字)OKUREゐTE AGAKOHIWOREBA SHIRAKUMONO TANABIKUYAMAWO KEFUKAKOYURAMU
ここ大和に残ってあの人が恋しくてたまらないが、白雲たなびく真土山をきょうあたり越えておられることだろう。
左注
校異
用語雑歌、餞別、留守
タイトルとURLをコピーしました