万葉集 第9巻 1781番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第9巻1781番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第9巻 1781番歌

第9巻
歌番号1781番歌
作者高橋虫麻呂
題詞(鹿嶋郡苅野橋別大伴卿歌一首[并短歌])反歌
原文海津路乃 名木名六時毛 渡七六 加九多都波二 船出可為八
訓読海つ道のなぎなむ時も渡らなむかく立つ波に船出すべしや
かなうみつぢの なぎなむときも わたらなむ かくたつなみに ふなですべしや
英語(ローマ字)UMITSUDINO NAGINAMUTOKIMO WATARANAMU KAKUTATSUNAMINI FUNADESUBESHIYA
海路が穏やかになってから船出なさって下さい。こんなに波だっているときに船出なさらなくとも。
左注右二首高橋連蟲麻呂之歌集中出
校異歌 [西] 謌 [西(訂正)] 歌 / 歌集 [元][類][紀](塙) 歌 / 歌 [西] 謌 [西(訂正)] 歌
用語相聞、作者:高橋虫麻呂歌集、茨城県、鹿島、大伴旅人、大伴道足、送別歌、餞別、宴席、地名
タイトルとURLをコピーしました