万葉集 第9巻 1703番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第9巻1703番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第9巻 1703番歌

第9巻
歌番号 1703番歌
作者 柿本人麻呂(柿本人麻呂歌集)
題詞 (獻弓削皇子歌三首)
原文 雲隠 鴈鳴時 秋山 黄葉片待 時者雖過
訓読 雲隠り雁鳴く時は秋山の黄葉片待つ時は過ぐれど
かな くもがくり かりなくときは あきやまの もみちかたまつ ときはすぐれど
英語(ローマ字) KUMOGAKURI KARINAKUTOKIHA AKIYAMANO MOMICHIKATAMATSU TOKIHASUGUREDO
雲に見え隠れし、雁が鳴きながら渡っていく季節。その季節は過ぎていくけれど、片や黄葉の季節がやってくるのも待ち遠しい。
左注 (右柿本朝臣人麻呂之歌集所出)
校異
用語 雑歌、作者:柿本人麻呂歌集、弓削皇子、献呈歌、非略体、動物、植物、季節
タイトルとURLをコピーしました