万葉集 第9巻 1777番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第9巻1777番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第9巻 1777番歌

第9巻
歌番号1777番歌
作者石川君子
題詞(石川大夫遷任上京時播磨娘子贈歌二首)
原文君無者 奈何身将装餝 匣有 黄楊之小梳毛 将取跡毛不念
訓読君なくはなぞ身装はむ櫛笥なる黄楊の小櫛も取らむとも思はず
かなきみなくは なぞみよそはむ くしげなる つげのをぐしも とらむともおもはず
英語(ローマ字)KIMINAKUHA NAZOMIYOSOHAMU KUSHIGENARU TSUGENOWOGUSHIMO TORAMUTOMOOMOHAZU
あなたがいらっしゃらなければどうして身を装う必要がありましょう。櫛箱に入っている黄楊の小櫛も手に取る気が致しません。
左注
校異
用語相聞、作者:石川君子、播磨娘子、餞別、別れ、姫路、兵庫
タイトルとURLをコピーしました