万葉集 第9巻 1698番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第9巻1698番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第9巻 1698番歌

第9巻
歌番号1698番歌
作者柿本人麻呂(柿本人麻呂歌集)
題詞(名木河作歌三首)
原文ぬ干 人母在八方 家人 春雨須良乎 間使尓為
訓読あぶり干す人もあれやも家人の春雨すらを真使ひにする
かなあぶりほす ひともあれやも いへびとの はるさめすらを まつかひにする
英語(ローマ字)ABURIHOSU HITOMOAREYAMO IHEBITONO HARUSAMESURAWO MATSUKAHINISURU
濡れた着物を干してくれる人などあろう筈もない。この春雨すらも妻からの使いだと思ってしまう。
左注(右柿本朝臣人麻呂之歌集所出)
校異
用語雑歌、作者:柿本人麻呂歌集、京都、羈旅、非略体
タイトルとURLをコピーしました