万葉集 第9巻 1699番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第9巻1699番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第9巻 1699番歌

第9巻
歌番号 1699番歌
作者 柿本人麻呂(柿本人麻呂歌集)
題詞 宇治河作歌二首
原文 巨椋乃 入江響奈理 射目人乃 伏見何田井尓 鴈渡良之
訓読 巨椋の入江響むなり射目人の伏見が田居に雁渡るらし
かな おほくらの いりえとよむなり いめひとの ふしみがたゐに かりわたるらし
英語(ローマ字) OHOKURANO IRIETOYOMUNARI IMEHITONO FUSHIMIGATAゐNI KARIWATARURASHI
狩人が獲物を射止めるために身を隠して待ち伏せしていると、巨椋(おほくら)池の入り江が騒がしくなった。どうやら雁が飛び立って、北方、伏見の田園地帯に渡っていくようだ。
左注 (右柿本朝臣人麻呂之歌集所出)
校異 歌 [西] 謌 [西(訂正)] 歌
用語 雑歌、作者:柿本人麻呂歌集、京都、羈旅、非略体、地名、動物
タイトルとURLをコピーしました