万葉集 第9巻 1700番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第9巻1700番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第9巻 1700番歌

第9巻
歌番号 1700番歌
作者 柿本人麻呂(柿本人麻呂歌集)
題詞 (宇治河作歌二首)
原文 金風 山吹瀬乃 響苗 天雲翔 鴈相鴨
訓読 秋風に山吹の瀬の鳴るなへに天雲翔る雁に逢へるかも
かな あきかぜに やまぶきのせの なるなへに あまくもかける かりにあへるかも
英語(ローマ字) AKIKAZENI YAMABUKINOSENO NARUNAHENI AMAKUMOKAKERU KARINIAHERUKAMO
秋風吹く宇治川に瀬音が轟いているが、同時に、遙か天空、天雲を翔けていく雁の群れが見える。
左注 (右柿本朝臣人麻呂之歌集所出)
校異 雁相 [藍][類][古] 相
用語 雑歌、作者:柿本人麻呂歌集、京都、羈旅、非略体、地名
タイトルとURLをコピーしました