万葉集 第9巻 1745番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第9巻1745番歌はこちらにまとめました。

第9巻 1745番歌

第9巻
歌番号 1745番歌
作者 高橋虫麻呂
題詞 那賀郡曝井歌一首
原文 三栗乃 中尓向有 曝井之 不絶将通 従所尓妻毛我
訓読 三栗の那賀に向へる曝井の絶えず通はむそこに妻もが
かな みつぐりの なかにむかへる さらしゐの たえずかよはむ そこにつまもが
英語(ローマ字) MITSUGURINO NAKANIMUKAHERU SARASHIゐNO TAEZUKAYOHAMU SOKONITSUMAMOGA
精出して那賀の里の洗い場に通ってみよう。そこに妻となるべき女性がいるかも知れないから。
左注 (右件歌者高橋連蟲麻呂歌集中出)
校異 歌 [西] 謌 [西(訂正)] 歌
用語 雑歌、作者:高橋虫麻呂歌集、埼玉、羈旅、土地讃美、枕詞、地名
タイトルとURLをコピーしました