万葉集 第9巻 1764番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第9巻1764番歌はこちらにまとめました。

第9巻 1764番歌

第9巻
歌番号 1764番歌
作者 藤原房前
題詞 七夕歌一首[并短歌]
原文 久堅乃 天漢尓 上瀬尓 珠橋渡之 下湍尓 船浮居 雨零而 風不吹登毛 風吹而 雨不落等物 裳不令濕 不息来益常 <玉>橋渡須
訓読 久方の 天の川原に 上つ瀬に 玉橋渡し 下つ瀬に 舟浮け据ゑ 雨降りて 風吹かずとも 風吹きて 雨降らずとも 裳濡らさず やまず来ませと 玉橋渡す
かな ひさかたの あまのかはらに かみつせに たまはしわたし しもつせに ふねうけすゑ あめふりて かぜふかずとも かぜふきて あめふらずとも もぬらさず やまずきませと たまはしわたす
英語(ローマ字) HISAKATANO AMANOKAHARANI KAMITSUSENI TAMAHASHIWATASHI SHIMOTSUSENI FUNEUKESUゑ AMEFURITE KAZEFUKAZUTOMO KAZEFUKITE AMEFURAZUTOMO MONURASAZU YAMAZUKIMASETO TAMAHASHIWATASU
天の川の上流の瀬に宝玉の橋を渡し、下流の瀬には舟を並べて舟橋を備えています。雨が降って風が吹かないときでも、風が吹いて雨が降らないときでも、裳を濡らすのは嫌でしょうが、いつもおいで下さいと、美しい橋を渡す私です。
左注 (右件歌或云中衛大将藤原北卿宅作也)
校異 歌 [西] 謌 [西(訂正)] 歌 / 短歌 [西] 短謌 [西(訂正)] 短歌 / 王 玉
用語 雑歌、作者:藤原房前、七夕、宴席
タイトルとURLをコピーしました