万葉集 第9巻 1743番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第9巻1743番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第9巻 1743番歌

第9巻
歌番号1743番歌
作者高橋虫麻呂
題詞(見河内大橋獨去娘子歌一首[并短歌])反歌
原文大橋之 頭尓家有者 心悲久 獨去兒尓 屋戸借申尾
訓読大橋の頭に家あらばま悲しく独り行く子に宿貸さましを
かなおほはしの つめにいへあらば まかなしく ひとりゆくこに やどかさましを
英語(ローマ字)OHOHASHINO TSUMENIIHEARABA MAKANASHIKU HITORIYUKUKONI YADOKASAMASHIWO
大橋のたもとに私の家があったらなあ。悲しげに独り渡って行くあの子に宿を貸してあげられるのに。
左注(右件歌者高橋連蟲麻呂歌集中出)
校異歌 [西] 謌 [西(訂正)] 歌
用語雑歌、作者:高橋虫麻呂歌集、大阪、美女、孤独、地名
タイトルとURLをコピーしました