万葉集 第9巻 1742番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第9巻1742番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第9巻 1742番歌

第9巻
歌番号1742番歌
作者高橋虫麻呂
題詞見河内大橋獨去娘子歌一首[并短歌]
原文級照 片足羽河之 左丹塗 大橋之上従 紅 赤裳<數>十引 山藍用 <揩>衣服而 直獨 伊渡為兒者 若草乃 夫香有良武 橿實之 獨歟将宿 問巻乃 欲我妹之 家乃不知久
訓読しな照る 片足羽川の さ丹塗りの 大橋の上ゆ 紅の 赤裳裾引き 山藍もち 摺れる衣着て ただ独り い渡らす子は 若草の 夫かあるらむ 橿の実の 独りか寝らむ 問はまくの 欲しき我妹が 家の知らなく
かなしなでる かたしはがはの さにぬりの おほはしのうへゆ くれなゐの あかもすそびき やまあゐもち すれるきぬきて ただひとり いわたらすこは わかくさの つまかあるらむ かしのみの ひとりかぬらむ とはまくの ほしきわぎもが いへのしらなく
英語(ローマ字)SHINADERU KATASHIHAGAHANO SANINURINO OHOHASHINOUHEYU KURENAゐNO AKAMOSUSOBIKI YAMAAゐMOCHI SURERUKINUKITE TADAHITORI IWATARASUKOHA WAKAKUSANO TSUMAKAARURAMU KASHINOMINO HITORIKANURAMU TOHAMAKUNO HOSHIKIWAGIMOGA IHENOSHIRANAKU
片足羽川に架かっている丹塗りの大橋の上を、紅色の赤裳の裾を引いて、山藍で染めた着物を着て、たった独りで渡っていくあの子。夫のある身だろうか。あるいは独りで寝ているだろうか。訊いてみたいものだが、彼女の家が分からない。
左注(右件歌者高橋連蟲麻呂歌集中出)
校異歌 [西] 謌 [西(訂正)] 歌 / 短歌 [西] 短謌 [西(訂正)] 短歌 / 摺 揩 [紀] / <> 數 [西(右書)][藍][壬][類][紀]
用語雑歌、作者:高橋虫麻呂歌集、大阪、美女、孤独、枕詞、地名
タイトルとURLをコピーしました