万葉集 第9巻 1716番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第9巻1716番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第9巻 1716番歌

第9巻
歌番号 1716番歌
作者 山上憶良
題詞 山上歌一首
原文 白那弥<乃> 濱松之木乃 手酬草 幾世左右二箇 年薄經濫
訓読 白波の浜松の木の手向けくさ幾代までにか年は経ぬらむ
かな しらなみの はままつのきの たむけくさ いくよまでにか としはへぬらむ
英語(ローマ字) SHIRANAMINO HAMAMATSUNOKINO TAMUKEKUSA IKUYOMADENIKA TOSHIHAHENURAMU
白波の打ち寄せる浜に立つ松の枝に結ばれたこの手向けの紐はどのくらい長年月を経てきたのだろう。
左注 右一首或云川嶋皇子御作歌
校異 歌 [西] 謌 [西(訂正)] 歌 / 之 乃 [藍][壬][類][紀] / 歌 [西] 謌 [西(訂正)] 歌
用語 雑歌、作者:山上憶良、川島皇子、異伝、重出、和歌山、羈旅、地名
タイトルとURLをコピーしました