万葉集 第9巻 1810番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第9巻1810番歌はこちらにまとめました。

第9巻 1810番歌

第9巻
歌番号 1810番歌
作者 高橋虫麻呂
題詞 (見菟原處女墓歌一首[并短歌])反歌
原文 葦屋之 宇奈比處女之 奥槨乎 徃来跡見者 哭耳之所泣
訓読 芦屋の菟原娘子の奥城を行き来と見れば哭のみし泣かゆ
かな あしのやの うなひをとめの おくつきを ゆきくとみれば ねのみしなかゆ
英語(ローマ字) ASHINOYANO UNAHIWOTOMENO OKUTSUKIWO YUKIKUTOMIREBA NENOMISHINAKAYU
芦屋の菟原娘子(うなひをとめ)の墓を往きも帰りも通るたびに見るが、あまりに切なく悲しくて泣けてきてしまう。
左注 (右五首高橋連蟲麻呂之歌集中出)
校異 歌 [西] 謌 [西(訂正)] 歌
用語 挽歌、作者:高橋虫麻呂歌集、芦屋、兵庫、うない娘子、伝説、妻争い、地名
タイトルとURLをコピーしました