万葉集 第9巻 1809番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第9巻1809番歌はこちらにまとめました。

第9巻 1809番歌

第9巻
歌番号 1809番歌
作者 高橋虫麻呂
題詞 見菟原處女墓歌一首[并短歌]
原文 葦屋之 菟名負處女之 八年兒之 片生之時従 小放尓 髪多久麻弖尓 並居 家尓毛不所見 虚木綿乃 牢而座在者 見而師香跡 <悒>憤時之 垣廬成 人之誂時 智<弩><壮>士 宇奈比<壮>士乃 廬八燎 須酒師競 相結婚 為家類時者 焼大刀乃 手頴押祢利 白檀弓 <靫>取負而 入水 火尓毛将入跡 立向 競時尓 吾妹子之 母尓語久 倭<文>手纒 賎吾之故 大夫之 荒争見者 雖生 應合有哉 <宍>串呂 黄泉尓将待跡 隠沼乃 下延置而 打歎 妹之去者 血沼<壮>士 其夜夢見 取次寸 追去祁礼婆 後有 菟原<壮>士伊 仰天 S於良妣 ひ地 牙喫建怒而 如己男尓 負而者不有跡 懸佩之 小劔取佩 冬ふ蕷都良 尋去祁礼婆 親族共 射歸集 永代尓 標将為跡 遐代尓 語将継常 處女墓 中尓造置 <壮>士墓 此方彼方二 造置有 故縁聞而 雖不知 新喪之如毛 哭泣鶴鴨
訓読 葦屋の 菟原娘子の 八年子の 片生ひの時ゆ 小放りに 髪たくまでに 並び居る 家にも見えず 虚木綿の 隠りて居れば 見てしかと いぶせむ時の 垣ほなす 人の問ふ時 茅渟壮士 菟原壮士の 伏屋焚き すすし競ひ 相よばひ しける時は 焼太刀の 手かみ押しねり 白真弓 靫取り負ひて 水に入り 火にも入らむと 立ち向ひ 競ひし時に 我妹子が 母に語らく しつたまき いやしき我が故 ますらをの 争ふ見れば 生けりとも 逢ふべくあれや ししくしろ 黄泉に待たむと 隠り沼の 下延へ置きて うち嘆き 妹が去ぬれば 茅渟壮士 その夜夢に見 とり続き 追ひ行きければ 後れたる 菟原壮士い 天仰ぎ 叫びおらび 地を踏み きかみたけびて もころ男に 負けてはあらじと 懸け佩きの 小太刀取り佩き ところづら 尋め行きければ 親族どち い行き集ひ 長き代に 標にせむと 遠き代に 語り継がむと 娘子墓 中に造り置き 壮士墓 このもかのもに 造り置ける 故縁聞きて 知らねども 新裳のごとも 哭泣きつるかも
かな あしのやの うなひをとめの やとせこの かたおひのときゆ をばなりに かみたくまでに ならびをる いへにもみえず うつゆふの こもりてをれば みてしかと いぶせむときの かきほなす ひとのとふとき ちぬをとこ うなひをとこの ふせやたき すすしきほひ あひよばひ しけるときは やきたちの たかみおしねり しらまゆみ ゆきとりおひて みづにいり ひにもいらむと たちむかひ きほひしときに わぎもこが ははにかたらく しつたまき いやしきわがゆゑ ますらをの あらそふみれば いけりとも あふべくあれや ししくしろ よみにまたむと こもりぬの したはへおきて うちなげき いもがいぬれば ちぬをとこ そのよいめにみ とりつづき おひゆきければ おくれたる うなひをとこい あめあふぎ さけびおらび つちをふみ きかみたけびて もころをに まけてはあらじと かけはきの をだちとりはき ところづら とめゆきければ うがらどち いゆきつどひ ながきよに しるしにせむと とほきよに かたりつがむと をとめはか なかにつくりおき をとこはか このもかのもに つくりおける ゆゑよしききて しらねども にひものごとも ねなきつるかも
英語(ローマ字) ASHINOYANO UNAHIWOTOMENO YATOSEKONO KATAOHINOTOKIYU WOBANARINI KAMITAKUMADENI NARABIWORU IHENIMOMIEZU UTSUYUFUNO KOMORITEWOREBA MITESHIKATO IBUSEMUTOKINO KAKIHONASU HITONOTOFUTOKI CHINUWOTOKO UNAHIWOTOKONO FUSEYATAKI SUSUSHIKIHOHI AHIYOBAHI SHIKERUTOKIHA YAKITACHINO TAKAMIOSHINERI SHIRAMAYUMI YUKITORIOHITE MIDUNIIRI HINIMOIRAMUTO TACHIMUKAHI KIHOHISHITOKINI WAGIMOKOGA HAHANIKATARAKU SHITSUTAMAKI IYASHIKIWAGAYUゑ MASURAWONO ARASOFUMIREBA IKERITOMO AFUBEKUAREYA SHISHIKUSHIRO YOMINIMATAMUTO KOMORINUNO SHITAHAHEOKITE UCHINAGEKI IMOGAINUREBA CHINUWOTOKO SONOYOIMENIMI TORITSUDUKI OHIYUKIKEREBA OKURETARU UNAHIWOTOKOI AMEAFUGI SAKEBIORABI TSUCHIWOFUMI KIKAMITAKEBITE MOKOROWONI MAKETEHAARAJITO KAKEHAKINO WODACHITORIHAKI TOKORODURA TOMEYUKIKEREBA UGARADOCHI IYUKITSUDOHI NAGAKIYONI SHIRUSHINISEMUTO TOHOKIYONI KATARITSUGAMUTO WOTOMEHAKA NAKANITSUKURIOKI WOTOKOHAKA KONOMOKANOMONI TSUKURIOKERU YUゑYOSHIKIKITE SHIRANEDOMO NIHIMONOGOTOMO NENAKITSURUKAMO
葦屋(兵庫県芦屋市)に伝わる伝説の菟原娘子(うなひをとめ)は 八歳頃の子供のまだ幼い頃、髪を解き放ち髪を結い上げるまで、隣近所の家の人もほとんど知らないほど、家にこもっていた。彼女を一目みたいものだと待ち遠しがって男たちが垣根のように取り囲んで見にきた。中でも隣国の茅渟壮士(ちぬをとこ)と同郷の菟原壮士(うなひをとこ)が結婚を迫って激しく争った。求婚に求婚を繰り返し、焼き太刀の柄を握りしめ、 白真弓の靫(矢を入れる具)を取り負ひて、彼女のためなら水の中火の中も辞さないと二人は争った。そんな時、彼女は母親に相談した。「私のようないやしい者を求めて立派な殿方が争っているのを見ると、生きた心地がしなく、添い遂げられる筈がありましょうか。いっそ黄泉の国(死者の国)に行って待つことにしたい」と言って彼女は心の底を明かすことなく、嘆き抜いてあの世に行ってしまった。茅渟壮士(ちぬをとこ)はその夜、これを夢に見、彼女に続いてあの世に追っていった。遅れをとったと菟原壮士(うなひをとこ)は天を仰ぎ、叫びわめき、競争相手に負けてはならじと、肩にかけた小太刀を取って彼女を求めてあの世に行ってしまった。関係者の親族一同、寄り集まって、記念に代々語り継ぐことにしようと、娘子(をとめ)の墓を真ん中に造り、男たちの墓をこちらとあちらに造ったという。こんな謂われがあると聞いて、知らなかったけれど、今亡くなった人の話のように声をあげて泣けてきてしまった。
左注 (右五首高橋連蟲麻呂之歌集中出)
校異 歌 [西] 謌 [西(訂正)] 歌 / 短歌 [西] 短謌 [西(訂正)] 短歌 / は 悒 [元][藍][紀] / 奴 弩 [元][藍] / 牡 壮 [元][藍][類] / 靭 靫 [元][藍] / 父 文 [元][紀] / 完 宍 [元][藍] / 牡 壮 [元][藍][類] / 牡 壮 [元][藍][類] / 牡 壮 [元][藍][類]
用語 挽歌、作者:高橋虫麻呂歌集、芦屋、兵庫、うない娘子、伝説、妻争い、地名
タイトルとURLをコピーしました