万葉集 第9巻 1785番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第9巻1785番歌はこちらにまとめました。

第9巻 1785番歌

第9巻
歌番号 1785番歌
作者 笠金村
題詞 神龜五年戊辰秋八月歌一首[并短歌]
原文 人跡成 事者難乎 和久良婆尓 成吾身者 死毛生毛 <公>之随意常 念乍 有之間尓 虚蝉乃 代人有者 大王之 御命恐美 天離 夷治尓登 朝鳥之 朝立為管 群鳥之 群立行者 留居而 吾者将戀奈 不見久有者
訓読 人となる ことはかたきを わくらばに なれる我が身は 死にも生きも 君がまにまと 思ひつつ ありし間に うつせみの 世の人なれば 大君の 命畏み 天離る 鄙治めにと 朝鳥の 朝立ちしつつ 群鳥の 群立ち行かば 留まり居て 我れは恋ひむな 見ず久ならば
かな ひととなる ことはかたきを わくらばに なれるあがみは しにもいきも きみがまにまと おもひつつ ありしあひだに うつせみの よのひとなれば おほきみの みことかしこみ あまざかる ひなをさめにと あさとりの あさだちしつつ むらとりの むらだちゆかば とまりゐて あれはこひむな みずひさならば
英語(ローマ字) HITOTONARU KOTOHAKATAKIWO WAKURABANI NARERUAGAMIHA SHINIMOIKIMO KIMIGAMANIMATO OMOHITSUTSU ARISHIAHIDANI UTSUSEMINO YONOHITONAREBA OHOKIMINO MIKOTOKASHIKOMI AMAZAKARU HINAWOSAMENITO ASATORINO ASADACHISHITSUTSU MURATORINO MURADACHIYUKABA TOMARIゐTE AREHAKOHIMUNA MIZUHISANARABA
人として生まれて来るのは難しいでしょうに、たまたま人となった私は、死ぬのも生きるのもあなたの御心のままにと思って生きて来ました。が、現実のあなたは大君の命を恐れ畏んで拝命し、遠い田舎の国を治めるために、朝鳥のように朝方出立しようと、群れ鳥のようにみんなで群れをなして出立なさいました。後に残された私はあなたを恋い焦がれることでしょう。お逢い出来ない日々が重なれば。
左注 (右件五首笠朝臣金村之歌中出)
校異 歌 [西] 謌 [西(訂正)] 歌 / 短歌 [西] 短哥 / 君 公 [元][藍][紀][温]
用語 相聞、作者:笠金村歌集、神亀5年8月、年紀、女歌、送別、枕詞
タイトルとURLをコピーしました